1. TOP
  2. 青森県
  3. 下北半島&まさかり半島

下北半島&まさかり半島

  • 国定公園「下北半島」&「まさかり半島」(正面)
    国定公園 下北半島

国定公園「下北半島」&「まさかり半島」の両面提灯です。
どちらが表で裏かと言えば、恐らく「国定公園」を冠する
下北半島が表面である事は疑いようがないのですが、
個人的には「まさかり半島」が表面でも良いような気がします。

というのも、下北半島を表にした提灯は色々とあるのですが、
まさかり半島と記された提灯は少ないと思います。
なのでこの提灯を飾るなら
「まさかり半島」を表にして飾る方も多いような気がします。

とりあえず、ここでは下北半島を表として考えるとして、
向かって右側には
マグロの一本釣りで有名な大間漁港のある”大間崎”、
井上靖の小説『海峡』終局を執筆した”下風呂温泉”、
水上勉の飢餓海峡が撮影された”湯ノ川温泉”、
ニホンザルの野猿公苑のある”脇野沢”、
極楽浄土を思わせる神秘の秘境”仏ヶ浦”、
がそれぞれ描かれています。

向かって左側には、
国内最大級のレンズを使う灯台のある”尻屋崎”
かっぱの湯と呼ばれ、紅葉の綺麗な”薬研温泉”
死者の御霊を呼び口寄せを行なうイタコがいる霊場”恐山”
がそれぞれ描かれています。

裏面に記るされている”まさかり半島”とは、
半島が「鉞(まさかり)」の形に似ているからだそうです。
そんなまさかり半島は、観光名所が多く、
この提灯にも沢山描かれていて、
見ているだけで楽しくなる提灯です。

提灯そのものは破れや穴もなく、
比較的良好です。
専用の箱はありません。