1. TOP
  2. 岐阜県
  3. 奥飛騨温泉郷 平湯温泉

奥飛騨温泉郷 平湯温泉

  • 奥飛騨温泉郷平湯温泉(正面)
    伝説の守護猿と平湯大滝

平湯、福地、新平湯、栃尾、新穂高の
5つの温泉地のから形成されるのが
奥飛騨温泉郷です。

なかでも平湯温泉は、
奥飛騨の中でも最も古く
歴史のある温泉とされ、
温泉地内には約40もの井戸・源泉があり、
毎分8,600ℓ、1日約12,000,000ℓもの
豊富な湯が噴き出しています。
これは一般家庭の浴槽で使用する水量の
約130年分に相当するそうです。

最高90度にもなる温泉の泉質は、
ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、
炭酸水素塩泉などを含み、
胃腸病やリウマチ性疾患をはじめ、
神経症、皮膚病などに効果があるとされ、
治療温泉としても利用されています。

JR高山駅から
濃飛バスまたはアルピコで
約1時間
または、JR松本駅から
濃飛バスまたはアルピコバスで
約1時間半。
共に平湯温泉下車。

 名称:平湯温泉観光案内所
 住所:〒506-1433 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-191
 電話:0578-89-3030

提灯ランク:C’