1. TOP
  2. 和歌山県
  3. 高野山(白)

高野山(白)

  • 高野山(正面)
    弘法大師開山 高野山

提灯には、母子が描かれ、そこには
「妻や子の心づくしをふりすて
あわれ高野にすみぞめの袖」とあります。
これは石童丸の物語を表現したものです。

石童丸物語は、
高野山の苅萱堂に纏わる物語で、
その内容は、以下の通りです。

かつて筑紫国(現在の福岡県)に、
加藤繁氏という領主がいて、
正室と側室がいたのですが、嫉妬から、
正室が側室を殺す計画を立てました。
その計画を知った側室は難を逃れる為に
加藤家から出るのですが、実は妊娠していました。

一方、繁氏は「嫉妬で人を殺すなんて・・・」と、
人間の心を憂い、高野山に出家し、刈萱道心として
修行に励みます。

その後、妊娠していた側室からは子供が生まれ、
その子供こそが石童丸と呼ばれるようになります。
石童丸と母は、父を探しに高野山に向かいます。
ところが、高野山は女人禁制で母は入れず、
麓で待つこととなり、
石童丸は一人で高野山に入ります。

石童丸は、高野山の奥の院の御廟橋で、
ひとりの僧に出会います。それこそが、父刈萱道心でした。
ですが、出家をした身の父は、自分が実の父である事を言わず、
「加藤繁氏は死んだ」と嘘をつきます。

石童丸は悲しみに暮れながら下山すると、
なんと母も亡くなっていました。
孤独になった石童丸は、
再び高野山に向かい、刈萱道心の弟子となります。
二人は、その後、子弟として
一緒に修行する身となりますが、
刈萱道心は死ぬまで
「実の父は自分だ」とは伝えませんでした。

提灯ランク:C’