1. TOP
  2. 秋田県
  3. 角館

角館

  • 角館(正面)
    角館

角館は「みちのくの小京都」と呼ばれる武家屋敷の町です。
元和6年(1620)江戸時代のはじめの頃、
芦名氏によって大規模な都市計画が実施され、
その後は佐竹北家の城下町として栄えました。
中でも武家屋敷が立ち並ぶ通りは「内町」と呼ばれ、
現在も江戸時代末期時の屋敷割や、母屋・門・蔵の屋敷構え、枡型など
武家町の特性を残しています。

一方「外町」は、武家屋敷が立ち並ぶ「内町」とは対照的に、
商家などの町並みが続き、歴史を感じさせます。
古い建物や土蔵も数多く残り、
現代もこの空間を大切にしながら、
店舗やレストランなどに活かしています。

また、提灯に描かれている山車ばやしは、
「角館祭りのやま行事」の事で、重要無形民俗文化財に指定されており、
毎年9月7日~9月9日に行われます。
囃子の名称である飾山囃子(おやまばやし)を
祭り全体の名称として使う事もあります。

角館の武家屋敷巡りは
角館駅を起点に、内町、武家屋敷通りを散策してから外町、
田町武家屋敷通りをぐるっと一廻りして
角館駅に戻ると距離ににして約5キロメートル程です。

引用情報:田沢湖・角館観光協会
提灯ランク:C’