1. TOP
  2. 北海道
  3. 小清水「原生花園」網走国定公園

小清水「原生花園」網走国定公園

  • 小清水「原生花園」網走国定公園(正面)
    小清水「原生花園」網走国定公園(正面)

小清水「原生花園」網走国定公園の提灯です。
提灯の右側には原生花園に咲くハマナスと
濤沸湖の向こうに見える斜里岳が描かれ、
左側には知床連山とエゾキスゲが描かれています。

原生花園とは湿原や砂丘などに沢山の花が咲くエリアのことで、
オホーツク海沿岸に多く見られます。
中でも、小清水の原生花園は、網走国定公園の中にあり、
ピークである6〜8月にかけては約40種類の花が咲き乱れ、
中でも、エゾスカシユリ、エゾキスゲ、ハマナス、クロユリが美しく
その時期には多くの観光客で賑わいます。
特に6月中旬から7月下旬がもっとも美しい時期と言われています。

小高い砂丘の上からは、
斜里岳、知床連山、藻琴山、能取岬などがを見渡すことができ、
5〜10月の間はJR釧網本線の原生花園駅が臨時停車駅となるので、
下車して行くこともでき、仮に下車をしないまでも、
列車の車窓から花の咲き乱れる原生花園を楽しむこともできます。

釧網本線で網走から20分程度で、
それなりの本数の列車が走っており、
原生花園駅の目の前が原生花園なので、
公共交通機関で十分に行く事ができる観光地です。

提灯ランクD