1. TOP
  2. 福井県
  3. 永平寺(桃)

永平寺(桃)

  • 永平寺(正面)
    禅の道場「永平寺」

道元禅師の言葉で提灯にも描かれているように、「身を削り、人に尽くさん すりこぎの その味知れる 人ぞ尊し」という言葉があります。
この言葉は、すりこ木は目立たないけど、自分の身を削りながら人のために尽くすという教えだそうです。

すりこぎになぞらえて「利他の心」を説いているわけですが、その「すりこぎ」は、大本山永平寺に吊るされている「すりこぎ棒」だと言われています。

さて、その「すりこ木棒」なのですが、そもそもは永平寺の地ならしのために使用した棒で、使用後に捨てるのが惜しくなり、「すりこ木棒」に見立てて削ったのが始まりだそうです。

そして今ではこの「すりこぎ棒」に触れると、男性は「ゴマすりがうまくなり、出世する」女性は「料理が上手になる」と言われ、観光客に人気だそうです。

永平寺へのアクセスは、JR「福井駅」から(京福バス)で約30分、「永平寺門前」下車。