1. TOP
  2. 長野県
  3. 赤倉 ~妙高高原~

赤倉 ~妙高高原~

  • 赤倉

妙高高原「赤倉」の提灯です。
少し縦長の提灯です。
向かって右側には妙高山といもり池、
そしていもり池に群生する水芭蕉を描いています。

いもり池は、昔いもりが多く生息していたことから
この名がついたと言われています。
周囲は湿生植物と白樺の林で、
4月下旬~5月上旬のミズバショウが特に有名です。
車を降りてすぐに野生のミズバショウの群生が見れるのは
国内でも珍しく、池を一周する遊歩道も整備されております。

一方の左側には妙高山を背景にした
岡倉天心六角堂が描かれています。

岡倉天心は、国立東京藝術大学の前身である東京美術学校を創設し
横山大観や菱田春草などを育てる一方、
ボストン美術館の中国・日本美術部長として
日本美術を海外に広く紹介するなど
明治期に活躍した美術行政家・思想家です。
岡倉天心が晩年過ごした山荘跡に
有志によって建てられた六角堂は
奈良法隆寺の夢殿を模したといわれており、
平櫛田中作の天心の金色の胸像が安置されています。
六角堂周辺にはレンゲツツジが咲き誇ります。

提灯そのものは目立った穴や破れはありません。
元箱はありません。